【図解】スマート・コントラクトとは?

今回は暗号資産(仮想通貨)に必ずといってもいいほど使用されている機能「スマート・コントラクト」について解説します。

スマート・コントラクトを直訳するとスマートな契約!このスマートの意味ですが現代社会に必須のスマート・フォンを思い浮かべてもらえるとわかりやすいかと思います。契約に間することを便利に自動的に行ってくれるのが「スマート・コントラクト」という機能(プロトコル)なんですね!


自動販売機はスマート・コントラクト!?

スマート・コントラクトといえばブロックチェーン・プロジェクトではEtherium(イーサリアム)にはじめて導入されたことで有名ですが、その歴史は意外にも古く1994年にNick Szaboという法学者・暗号学者によって自動販売機を例に挙げ最初に提唱されました。

自動販売機は「条件1:利用者が必須金額を投入」「条件2:特定の飲料のボタンを押す」の2つの条件を満たした時に「特定の飲料を利用者に提供する」という売買契約を自動的に実行します。

このように契約に仲介者を挟まず、スムーズに契約を実行できるため、多くのブロックチェーン・プロジェクトが掲げる分散型の社会に必要であると言われています。


スマート・コントラクトのメリット

スマート・コントラクトでは契約における以下のような部分を自動化しており、また採用することで下記のようなメリットがあると言われています。

1:トラストレス

あらかじめ決められた条件を元に契約が実行されるため、例えば取引する相手が条件に合致しない場合(情報を偽り詐欺などを働こうとしても)自動的に契約は不可となります。つまり相手のことを信頼するリスクが少ない(トラストレス)のです。

またブロックチェーンではすべての取引が記録されており、オンライン上でいつでも確認できるため、透明性があり改ざんリスクもほぼありません。ただし契約が改ざん不可という点にはデメリットもあり、例えばバグあっても簡単に修正することは難しいため、契約が実行されてしまうというリスクもあります。

2:コストダウン

例えば現代社会において車や家などを購入したり賃貸する場合、必ずと言っていいほど中間に代理店などの第三者預託(エスクロー)が入ります。これは契約自体に虚偽や未払いなどのリスク回避のためですが、その分手数料などのコストがかかります。

スマート・コントラクトではあらかじめ契約内容を決定した上で自動的に実行されるため、契約において第三者を挟まないことから、人件費をはじめとした仲介手数料などのコストの削減が見込まれます。


ブロックチェーンではイーサリアムで初実装

スマート・コントラクトは現在時価総額2位のEtherium(イーサリアム)にはじめて実装されました。これ以降多くのブロックチェーン・プロジェクトに導入されていることから「ブロックチェーン2.0」と呼ばれることもあります。

一般的に改ざん不可能と言われるブロックチェーン上にスマート・コントラクトを乗せることで、契約の安全性・透明性が保証され、第三者を挟まずに契約がスムーズに検証、執行されトランザクション処理ができると言われています。スマートコントラクトはペイメントサービス、保険契約、個人情報管理、商標登録などのアプリケーションとして利用できるようになるとされています。


以上今回はスマート・コントラクトについて簡単に解説いたしました。横文字でとっつきにくいように見えますが、DAPPSゲームのアセット売買など知らないうちに触れている人も多そうですね!

合わせて読みたい!

基本情報カテゴリの最新記事