Huobi Japanとは?世界基準の暗号資産取引所の登録方法と特徴!

Huobi Japanとは?世界基準の暗号資産取引所の登録方法と特徴!

Huobi Globalはもともと中国発祥の暗号資産(仮想通貨)取引所でしたが、現在はシンガポールに本部拠点を移し、地域ごとの法規制に準じて取引所を出しているグローバルな取引所です。

世界トップクラスの取引量を誇り、取り扱い通貨も多く、かつて日本のSBIホールディングスと提携をしていたりして、日本人にも印象のよい海外取引所でした。しかし2018年6月に日本政府を要請を受け、日本人の取引を将来的に規制する発表を行いました。しかしこれは将来的に日本での取引所開設を目指した前向きな展開であり、事実その後日本の取引所BitTradeを買収し、日本版Huobiを作ることが明らかになりました。

これを受け2018年末で日本人のHuobi Globalでの取引は終了(引き出しは可能)となり、2019年Huobi Japanとして再始動することになったのです。日本政府に対し誠実に対応し公認となり、海外トップクラスのHuobi Globalからもビジネス面でのサポートを受ける暗号資産取引所がHuobi Japanです。

Huobi Japanの取り扱い通貨は?

Huobi Japanの取り扱い通貨は、日本の規制状況もありHuobi Globalに比べるとはるかに少ないですが、Huobi Globalでは取り扱わない国産のモナコインをはじめ、日本の取引所で買えるほとんどの通貨をカバーしています。

日本円で購入可能な通貨:
ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、XRP(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、モナコイン(MONA)

BTCで購入可能な通貨
イーサリアム(ETH)、XRP(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)

またコインテレグラフ2019年仮想通貨大予測というインタビュー記事によると、Huobi Japan代表取締役 閏間 亮 氏はHuobiのエコシステムで発行される独自トークン(HT)の導入できるよう準備を進めていく考えのようです。

 

Huobi Japanの登録方法

まずはHuobi JapanTOPページにアクセスします。

 

真ん中の空欄にメールアドレスを入れるか、右上の口座開設のボタンを押して先に進んでください。いずれにしても同じ画面に移ります。

 

 

新規登録の画面ではメールアドレスと、パスワードを入力しましょう。パスワードは大文字・小文字、数字、記号など混ぜてなるだけ長く複雑にするセキュリティ的に安全性が増します。なお仮想通貨ご利用の際の注意が下部に記載されていますので一読ください。

 

 

セキュリティ認証画面でチェックを入れます。

 

指定したメールアドレスに下記のような確認メールが届くので、記載された6桁の確認コードを入力しましょう!

確認コードを入力すると本人確認のページに移動します。個人と法人で登録方法が異なりますのでご注意ください。

個人の場合を説明いたします。

 

 

外国の重要な公人の場合や、アメリカの住人の場合、反社会勢力は登録できません。そのほか画面に沿って進めてください。

 

 

次に名前や住所を入力します。

 

最後に先ほど記載した名前や住所を確認するための書類をアップロードします。書類は運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、在留カード、個人番号カードから選べます。写真を撮ったりスキャンしたりしたデータをアップロードしてください。

OKを押すと暗証番号記載のハガキが転送不要郵便で届きます。

 

 

ハガキが届きましたらログインして、画面右上のメールアドレスメニューから「本人確認」をクリックします。「認証コード入力」ボタンをクリックし、ハガキに記載されている暗証番号を入力してください。以上で登録完了となります。

 

いかがでしたでしょうか?私はもともと海外取引所ではHuobiの使いやすさが好きで、ALISでも何度か紹介記事を書いていました。Huobiのノウハウを持った取引所としてHuobi Japanにはかなり期待しています。

取引所カテゴリの最新記事