BinanceLabsとは?特徴とポートフォリオ

こんにちはジョシです。みなさんは世界最大級取引所BINANCEの投資ファンドBINANCE  LABSのことはご存知でしょうか?私はいくつかのアルトコインを調べる中で存在を知りました。今回はBINACE LABSがどんなことをしているのか簡単に説明したいと思います。

BINANCE  LABSは社会的インパクトを持つ(Social Impact)ファンドであり、ブロックチェーンと暗号通貨の起業家、プロジェクト、そしてコミュニティを育成し、投資し、そして力を与えるためのイニシアチブ(戦略)です。

BINANCE  LABSの使命は、エコシステムにとって最も重要な問題を解決し、世界をより良い方向に変えることです。

 

BINANCE  LABSがやること
■起業家やプロジェクトをインキュベートする
■直接投資をする
■他業界パートナーと協力し、LP(Limited Partner=有限責任組合員)として参加する

BINANCE  LABSからの起業家の支援
■資金
■市場参入戦略とBD(Business development)
■トークンモデルと分布
■テクニカルレビュー
■人材募集

BINANCE  LABSが行う投資の焦点
■パブリックブロックチェーン
■分散型取引所(DEX)
■ウォレットと支払い
■安定したデジタル通貨
■ATS /セキュリティトークンプラットフォーム
■dApps

BINANCE LABSのポートフォリオ

では実際にどんなプロジェクトに投資を行なっているのか?2019年3月現在のポートフォリオを見ていきたいと思います。(ロゴを押すと各公式サイトへリンク)

OASIS LABS

OASIS LABSは個人のデータをスマートコントラクトを使用し、医療記録の共有から個人の財務情報の分析、機械学習モデルのトレーニングまたゲームなど様々なアプリケーションに、あなたプライバシーを保護しながら適用できるプラットフォームの構築を目指しています。

Mobile Coin

Mobile Coinはモバイルユーザーが暗号資産を簡単に取引できるようにするアプリ作成を目指しています。簡単な秘密鍵管理、1秒未満のトランザクション、プライバシーの保護、ユーザーフレンドリーなど機能がウォレットを通して可能となります。

Republic

投資プラットフォームRepublicは投資を民主化し、複雑な法規制なしにスタートアップ企業と個人投資家の資金調達をつなげるオンラインスタートアップエコシステムです。すでにSECやFINRAのライセンスを受けており、個人投資家のための世界最大のプラットフォーム「Angelist」と戦略的パートナーでもあります。

CERTIK

CERTIKは、信頼できるスマートコントラクトとブロックチェーンエコシステムを構築するための検証フレームワークです。既知の致命的なバグや脆弱性がないことを数学的に証明し、検証済みスマートコントラクト、分散型アプリケーションのライブラリ(DApp)、およびブロックチェーン自体の実装のエンドツーエンドの正確性とセキュリティを示す証明書として機能することを目的としています。

PIVOT

Pivotは暗号資産投資家のための中国のコミュニティです。 1400以上の暗号通貨の価格とチャート、最新のブロックチェーンニュースをリアルタイムで提供します。コミュニティメンバーによって貴重な情報をスクリーニングのうえ共有し、質の高いプロジェクトを探すのを手助けします。またアプリがリリースされています。

CRED(旧:Libra Credit)

CREDはCredXという暗号資産の貸出サービス・プラットフォームを通して、業界をリードするAIを用いた与信管理機能とパートナーシップネットワークを備えた世界クラスの分散型貸付エコシステム構築を目指しています。

Contentos

Contentosはライブ配信や動画配信、音楽、テキスト、バーチャルギフトやゲームといったブロックチェーンを使用する事でエコシステムに関わるメンバーの利益と権利の透明化を図り、マルチメディア分野にまたがる総合コンテンツプラットフォームを構築することを目指しています。

COCOS BCX

Cocos-BCXは、モンスト・ツムツムなどに使われているCocosゲームエンジンをベースにしたブロックチェーン対応ゲーム開発プラットフォームです。独自のNHAS-1808基準とスケーラビリティ対策で専門知識がなくてもブロックチェーゲームの開発ができます。

Terra

Terraは分散型ステーブルコインをつくるプロジェクトです。激しい価格変動の問題を解決し、決済できる価格安定性のある暗号化方式で、次世代の分散型アプリケーションのための金融基盤を構築を目指しています。TerraというAlipayのブロックチェーン版のようなアプリも開発しています。

Koi Trading

Koi Tradingは、機関投資家や富裕層の個人が暗号資産投資に取り掛かりやすいよう、信頼性が高く、効率的で準拠したOTC(店頭取引)の経路を提供します。世界中のブローカー、取引所、マイナー、およびファンドは、プロフェッショナルでハイタッチなサービスと強力な暗号通貨の流動性でKoi Tradingを信頼しています。

Capitalise

Capitalizeは自動取引のためのプラットフォームです。コーディング経験がなくても、ユーザーは単純なものから非常に複雑なものまで、あらゆる種類の戦略を実装および自動化できます。 Capitalize は、コンピュータの画面に釘付けにならずとも、市場を監視し最高の取引戦略を自動的に執行します。

BitTorrent

BTTはP2P(Peer to Peer)を用いた世界最大の分散型ファイル共有プロトコルBitTorrentをTRXベースでトークン化したものです。すでに1億人以上のユーザーがいるBitTrrentのポテンシャルをBTTを基軸としたエコシステムを構築し、プロトコルの効率化・活性化を試みることを目的としています。

上記のうちBTTに関してはBinanceが実施したIEO(Initial Exchange Offering)であるBinance Launch Pad 第1弾としてBinanceに上場しています。

Binance Labs Incubation Program

Binance Labs Incubation Programは、まだ初期段階にいる最高のアイデアを持つトップチームが彼らのビジネスでジャンプするようなスタートを切れるように、Binance Labsの最高のリソースでサポートするためのプログラムです。

Binance Labsがスタートアップを支援し、エコシステム全体に不可欠なものを構築するという使命を持って直接投資を始めてから約半年。投資家として、暗号資産の未来を信じるものとして大きな喜びもありましたが、同時にエコシステムにおいて2つの大きな課題に直面しています。

課題1:暗号資産「プロジェクト」は製品/市場に適合しない。

課題2:創業者が市場の噂によってBUIDLingから気を散らされることがよくある。

Binance Labsは「ブロックチェーン技術の可能性を最大限に引き出す」という強い使命のもとに、より多くの才能がエコシステムに加わることを期待してBinance Labsインキュベーションプログラムをはじめます。

Binance Labsインキュベーションプログラムは、初期段階のトップチームが製品/市場に適したものを提供できるように設計された10週間のオンサイトプログラムです。 2018年10月に最初のバッチをサンフランシスコで開始します。8~10の企業が参加し、市場に合ったサービスやプロダクトの構築に10週間専念するプログラムになっています。また、参加企業は10%の株式と引き換えに、50万ドル(約5,500万円)のプロダクト開発資金が提供されます。

Binance Labsのトップ Ella Zhang氏

Ella Zhansg氏はベンチャーキャピタルとフロンティア技術において14年以上の学際的な経験を持っています。彼女は、Sand Hill Roadで最も有名なVCの1人であるKPCBの最年少投資ディレクターでした。彼女はRong360(NYSE:JT)、Ximalaya FM、LiMei Technology(838556)、Asia Innovation Group(Giftoを発売)、Miaozhen Technology、Meicanの初期投資家でした。 KPCB以前は、Google、Tencent、UTStarcomで営業、マーケティング、エンジニアリングの職務に就いていました。 EllaはXiaoduoAIも共同設立し、Taobao、EMS、Meituan、China Telecom、JD Financeなど3,000社を超える顧客にNLPソリューションを提供しています。エラは学士号を取得しています。彼女はブロックチェーン技術と暗号通貨を信じるようになったスタンフォードGSBからUESTCとMBAで、「人生を変えます」。組織を変更する世界を変える」(GSBスローガン)。

いかがでしたでしょうか?Binance Labsの概要は掴めたかと思います。どのポートフォリオの銘柄も気になるものばかりですね。今後入れ替えなども行われるかと思いますので、チェックしていきたいと思います。

 

関連項目

binanceLabsカテゴリの最新記事