ALISとは?いいねで暗号資産ALISをGET!登録方法を紹介。

ALISとは?いいねで暗号資産ALISをGET!登録方法を紹介。

ALISとは日本初のブロックチェーン技術を用いたソーシャル・プラットフォームを作るプロジェクトです。広告の絡んだステルスマーケティングや、信頼性の低い情報にうんざりしている人々を解放すべく、「信頼できる記事を書いた人」「その記事をいち早く見つけた人」が報酬を獲得することで、信頼できる情報を蓄積するプラッットフォームの実現を目指しています。2017年にICOが実施され成功、2018年4月にクローズドベータ版を公開、2019年1月にオープンベータ版が公開となっています。私もブログデビューはALISで現在も投稿しています。

いいねするだけで稼げる!?

簡単に言うとALISでは記事を書いたり、いいねを押したりすることで「ALIS」いう暗号資産(仮想通貨)がもらえます。詳しい配布の基準は明らかになっていませんが、無料で登録して「いいね」を押すだけでもらえるので、暗号資産(仮想通貨)に関して不安がある場合は入り口としてちょうどいいかもしれません。ただし2019年2月現在ウォレットがまだ完成していないため、稼いだALISを引き出すことはできません(笑)。ALISの価格もビットコイン価格に連動するように最高値は150円前後まで上がりましたが、記事執筆時点では1.61円となっています。2020年以降を視野に入れているとのことなので気長に考えた方がいいかもしれません。

ALISの登録方法

以前はクローズドベータ版だったのでメールアドレスだけで登録人数に制限があったのですが、現在はオープンベータ版となり、メール、Twitter、LINEなどのアカウントで登録可能です。まずはALISのTOPページ(https://alis.to/)に行ってみましょう!

右上の新規登録をクリックします!

LINE、Twitter、メールそれぞれで登録方法が異なりますが登録自体は簡単です。画面に沿って進行しましょう!順番に詳細を説明しますね!

LINEで登録の場合

 

LINEで登録を選択した場合、上記のような画面になりますので、メールアドレスとパスワードでまずLINEにログインしてください。もしくはQRコード(LINEの友だち→友達追加)からも登録可能です。今回はQRコードで進行します。

 

 

上記にような画面になるので、名前やメールアドレスを確認して「許可する」を押してください。LINEのアカウント名や画像がそのままALISで使われるわけではないのでご安心ください。許可するを押すと、その後ユーザーID設定画面に移ります。

Twitterで登録の場合

 

Twitterで登録を選択した場合、上記のような画面になりますので、あなたのTwitterでのユーザー名(もしくはメールアドレス)とパスワードを入力し、ログインを押してください。TwitterとALISが連動されます。その後ユーザーID設定画面に移ります。

ユーザーIDの設定(LINE、Twitter登録の場合)

お好きなユーザーIDを入力してください。ただしユーザーID は2019年2月現在一度決めると変更できないためご注意ください。登録を完了するとアカウント認証へ進みます。

メールアドレスで登録の場合

メールアドレスで登録の場合は、LINEやTwitterと違い、いきなりユーザーIDを設定する必要があります。ユーザーID は2019年2月現在一度決めると変更できないためご注意ください。

 

 

ユーザーIDを決め、メールアドレス・パスワードを入力し、登録するボタンを押すと、上記のような画面になります。登録したメールアドレスに確認メールが届いているかチェックしましょう。

上記のようなメールが届くと思うので記載されたURLにアクセスし、再度ユーザーIDもしくはメールアドレスと、パスワードを入力して登録を完了してください。その後アカウント認証へ進みます。

アカウント認証

 

登録完了後は不正利用を防ぐためにアカウント認証を行います。そのために電話番号を入力する必要があります。ただしスキップして後ほど登録することも可能です。電話番号を入力し「認証コードを送信する」ボタンを押すと登録した番号に6ケタのコードが送られてきます。

プロフィールの設定

自分のプロフィールを設定します。ユーザー名やプロフィール写真は後ほど変更可能です。簡単な自己紹介を書きましょう。登録が完了したらあとは記事を読んで「いいね」押したり、記事を書いたりしたらALISトークンがもらえます。わからない場合ははじめ方も書いているので参考にしてみてください!気軽に始めれるWEB3.0を楽しみましょう!

ALISカテゴリの最新記事